MENU

目の充血にサプリが良いワケ

 

近年ではアイケアサプリと呼ばれている商品も登場しています。名前の通りに目のケアを行うために製造されたサプリメントです。

 

目の充血・疲労感を解消したい人に人気!

アントシアニン・ルテイン配合のアイケアサプリを見てみる!

 

目の疲れを改善できる

 

よく目が疲れてくると、目が赤くなることがあります。これは疲れ目によって目が充血してしまうからなのですが、アイケアサプリの中には、疲れ目を改善できる商品もあるのです。

 

目の充血の大きな原因は目の疲れなので、この点を改善しないと意味がありません。もちろんアイケアサプリにはいろいろな種類があるので、得情報収集をしてから購入しましょう。

 

目の疲れに効果的な成分

 

アイケアサプリにもいろいろな種類があります。選ぶポイントとしては、どのような成分が使用されているのかという点でしょう。疲れ目を改善したいのであれば、疲れ目に効果的な成分が使われているかを確かめます。

 

目の疲れにはアントシアニンやルテインなどが良いと言われているので、まずはこの2つの成分が使用されているのかを探してみましょう。もちろん他にも疲れ目に効果的な成分は存在しています。

 

サプリメントなら気軽に補給できる

 

アイケアサプリの大きなメリットは、食品からでは僅かしか摂取できない成分であっても、気軽に補給することができる点でしょう。上記でも目によい成分として、アントシアニンやルテインを紹介しました。

 

これらはサプリから補給しやすい成分になっているので、毎日適量摂取することで、疲れ目を改善する効果を高めてくれるのです。もちろん普段の食事にも注意しないといけません。

 

目の充血・疲労感に!アイケアサプリランキング

めなりの特徴

めなりは、目の充血・疲労感に働く目にいい成分を贅沢に配合したアイケアサプリメントになります。1日あたりビルベリー(アントシアニン含有)を170mg・ルテイン12mgなどを2粒から補給できます。さらに、アスタキサンチン・クロセチン・ビタミン・ミネラルなど主成分の働きを高めるサポート成分もバランスよく含まれます。アイケアサプリ選びに迷ったらめなりなら間違いなし!

価格 980円
評価 評価5
備考 ビルベリー(アントシアニン)・ルテイン・ゼアキサンチン・アスタキサンチン・クロセチン・βカロテンなど

 

えんきんの特徴

えんきんは、CMでもおなじみのファンケルが販売するスマホ老眼対策サプリメントになります。スマホ画面の見すぎによる目の疲れ、充血に働く有用成分を多数配合しています。また、日本初の目の機能性表示食品から発売開始後、飛ぶように売れています。

価格 1000円
評価 評価4.5
備考 ルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHA

 

大正ブルーベリーの特徴

大正ブルーベリーは、目に良い基本成分を含んだアイケアサプリメントになります。1日あたりビルベリー60mg・ルテイン6mg含有しています。体内への溶けやすさと吸収性を考えたソフトカプセル、サプリを酸化から防ぐためにアルミ個別包装を採用するなど工夫がされています。製薬会社品質の安心感を選ぶなら大正ブルーベリー!

価格 1080円
評価 評価4
備考 ビルベリー・ルテイン

 

目の充血の原因は?

 

目が充血するのには、必ず原因が存在しています。この原因を知ることで、目の充血をある程度防ぐこともできるのです。

 

1番の原因は目の疲れ

 

目が充血する1番の原因は、やはり目の疲れでしょう。特に近年はパソコンを使って仕事をする人が増えていますし、携帯電話やスマートフォンを常にいじっている人も多くなっています。

 

そのため、定期的に目を休ませてあげることや、しっかりと睡眠を取ることが重要になります。頻繁に目が充血する場合や、長期間改善されない場合には、眼科を受診しておきましょう。

 

目への刺激が原因

 

目の疲れ以外にも、目への刺激が原因で充血してしまうことがあります。例えばコンタクトレンズをしていることや、目がかゆくて擦ってしまうなどです。

 

他にもホコリが目に入ってしまった場合や、水泳などで水が目に触れている状態が長いと、充血することがあります。このような場合には、目薬を使用することで改善されることも多いでしょう。

 

アレルギーも原因の1つ

 

目の充血は、アレルギーが原因になっていることもあります。例えば花粉症ですが、花粉症は鼻水や鼻づまり、くしゃみなどが一般的であるものの、人によっては目がかゆくなってしまう場合や、充血してしまうこともあるのです。

 

このようにアレルギーなどの原因があるが、大きな要因は目の疲れだと言えるでしょう。ただし、目の充血だと思っていたら、出血しているという場合もあるので注意しないといけません。

 

目の充血を治すには?

 

目が充血してきたら、早急に改善しなければいけません。そのためには、治す方法を知っておく必要があるでしょう。

 

目を休めるのが最もよい方法

 

目の充血というのは、疲れ目が原因である場合が多いので、まずはしっかりと休めることが重要です。スマートフォンやパソコン、テレビやゲームなどで疲れた場合には、まず作業を止めてしばらく目を閉じておくのがよいでしょう。

 

そして寝る前にはチカチカする物を見ないことも重要です。寝る前にチカチカする物を見てしまうと、睡眠を妨げてしまうことにもなるので、最低でも寝る1時間前ぐらいからは、チカチカする物を見ないようにするべきでしょう。

 

目の周りを温める

 

疲れ目を改善するためには、目を休めることが最も重要ですが、仕事中などはそうもいきません。そんなときには蒸しタオルなどを使って、目の周りを温めるのがよいでしょう。

 

よく目を冷やすとよいと言われていますが、冷やすよりも温めた方が疲れ目には効果的です。逆に冷やしてしまうと血行が悪くなってしまうので、あまりおすすめできません。

 

簡単にできる目の体操

 

疲れ目には目の体操もよいと言われています。目の体操を継続して行うことで、若干視力が回復するという場合もあるのです。どのような体操をするのかというと、顔の位置はずらさないで固定しておき、目だけを動かすという方法です。

 

前後左右に動かしたら、今度は右回りと左回り一周させます。これを数セット繰り返し行うことで、多少ではあっても目の疲れが取れるでしょう。

 

目の疲れに効く栄養を摂る!

 

目が疲れてから対策を練るのもよいのですが、目が疲れる前に対策を練ることも重要です。その方法とは、目に疲れに効く栄養を摂取することです。

 

老化防止効果があるアントシアニン

 

疲れ目に効果的な栄養素の1つとして、アントシアニンが存在しています。目によいと言われているブルーベリーにも多く含まれている成分です。

 

サプリメントにもよく使用されていますが、やはり食材から摂取するのが最もよいでしょう。視力を改善する効果も期待されているので、疲れ目のみならず、目全般によいと言われているのです。

 

外部からの刺激から守ってくれるルテイン

 

ルテインも疲れ目によい成分と言われています。紫外線から目を守ってくれる効果があり、眼病予防にも効果的だと言われているのです。そんなルテインを含む食材も存在しています。

 

例えばケールやホウレンソウ、ブロッコリーなどが当てはまります。しかし、毎日必要量を摂取するのは大変なので、サプリメントで補助的に摂取するのがよいでしょう。

 

目によいと言われているビタミン

 

ビタミンはとても多くの種類が存在しています。その中でも特に目によいと言われているのが、ビタミンAとビタミンC、そしてビタミンEです。ビタミンAは網膜を正常に保つ効果があります。

 

ビタミンCは白内障の予防によいと言われており、ビタミンEは目の老化防止に効果的だと言われているのです。これらの栄養素が含まれている食材をバランスよく摂取するのがよいでしょう。

 

目の充血が続く、目やにが出るなどの場合は眼科へ

 

一時的に充血しているだけであればまだしも、長く続く場合には、放置しない方がよいでしょう。このような場合には眼科に行って診察してもらうべきです。

 

目が乾く場合にはドライアイ

 

目が充血している場合には、疲れ目の可能性が高くなっています。しかし、長期間続く場合には、病気の可能性もあるのです。特に目が乾いている場合には、ドライアイの可能性もあるでしょう。

 

ドライアイというのは、名前の通りに目が乾いている状態なので、刺激に弱くなっています。早急に眼科へ行って対策を練る必要があるでしょう。

 

結膜炎の可能性も高い

 

目の充血が長く続く場合には、結膜炎の可能性もあります。結膜炎にはいろいろな種類があり、素人が特定するのは難しくなっています。結膜炎の種類によっても、対処する方法が変わってくるのです。

 

そのため、まずは眼科に行ってどのような結膜炎なのかを指弾してもらわないといけません。主な結膜炎の種類としては、アレルギー性結膜炎や、感染性結膜炎があります。

 

目やにが多いときも危険のサイン

 

ときどき目やにが出るという人もいるでしょうが、目やにというのは簡単に言えば老廃物です。そのため、目やにが頻繁に出る場合や、たくさん出る場合には、目の病気を疑った方がよいでしょう。

 

目やにが多い場合には、結膜炎の可能性もあります。特に目への負担が大きな仕事をしている人で目やにが多いのであれば、定期的に眼科を受診することで、大きな病気を防ぐことができます。

このページの先頭へ